Our Concept

ご自分の靴を
「履きつぶす靴だから」
「磨くような靴ではないから」
なんて、お考えではありませんか?

グラサージュ30の店名の由来
グラサージュとはフランス語です。
靴磨きのテクニックの一つで鏡面磨きを意味します。
私が最も得意とする磨き方を店名に採用いたしました。
革表面にワックスを重ねていくことで、まるで鏡のような光沢をお楽しみいただけます。
是非、ご用命ください。
では、30の意味は・・・秘密です^^
靴磨きをご用命いただく際、店主に聞いてみてください。

こんにちは、グラサージュ30の三輪と申します。
グラサージュ30は、実店舗は持たない集荷配達(宅配)、郵送型の靴磨き、靴修理専門サービスです。

私は10年間、靴の資材卸売り小売り会社にて勤務してまいりました。
主に靴のお手入れ、クリーニング、染め(染め替え)、仕上げの業務のほか、百貨店や有名ブランドにおいて靴磨きのイベントや講習などに従事してきました。
これまで培ってきた技術、経験、知識を活かし、“地域に根差して、地元で仕事がしたい”との想いから、岐阜県多治見市にてグラサージュ30を立ち上げました。

ご自分の足に合う靴はとても貴重で大切です。
靴を始めとする革製品は適切にお手入れ、修理することで長く愛用することが出来ます。
既に大量生産、大量消費の時代ではなく、再利用、再使用の循環型社会が求められる中、
自分にとって良いものを長く愛用することは求められている“生き方”の一つだと考えています。

革製品はメンテナンスしていくことで、次世代に受け継いでいくことも出来ます。
ご自身の愛用品を次世代へ。
ストーリーが作られていくのも魅力の一つです。

また、今や働く人口のおよそ半分が女性であると言われます。
確かに、朝の通勤電車の車内では半数近くが女性です。女性の社会進出はこれからも加速する傾向にあると思います。
かつてのように、一歩職場に出たら“男社会”という時代ではなく、通勤中、外回り営業、内勤で仕事をしていても、そこには常に女性からの“視線”、“視点”が注がれています。
人は見た目が9割とも言われ、足元から始まる身だしなみはとても重要です。
靴を綺麗にすることで、意識が変わり、周りからの見る目も変わり、外出・お出掛けするのがもっと楽しくなりますよ。

グラサージュ30では、靴を始めとしてカバン、革小物など革製品のお手入れに関して高品質なサービスを提供いたします。
お電話、メール一本でご自宅、職場まで訪問し、遠方のお客様からは郵送でのお申込みも承っております。
ご不明な点、お困りのことがあれば、お気軽にお問い合わせください。

グラサージュ30
三輪 功

岐阜県多治見市にある靴修理グラサージュ30
岐阜県多治見市にある靴修理グラサージュ30

靴の事なら何でもご相談下さい。
靴磨きグラサージュ30
Mail:info@glacage30.com

郵送でのご依頼承ります。

郵送でのご依頼

集配でのご依頼承ります。

集荷配達サービス

お知らせ

RED WING(レッドウィング)オールソール 多治見

こんにちは。 先日、ペットボトル入りの緑茶を飲んだら、急にお腹が痛くなりました。 賞味期限2019年3月になっ […]

お知らせ

Santoni(サントーニ)をグラサージュ(鏡面磨き、ハイシャイン) 多治見

こんにちは。 カラムーチョは箸で食べた方が食べやすいことに気づきました。 味は美味しいけど、あの長細くて細かい […]

お知らせ

Christian Louboutin(クリスチャン・ルブタン)レッドソールを修理 多治見

こんにちは。 夕方、多治見の生田公園に行ってきました。 もみじ祭りが始まり、公園がライトアップされていて綺麗で […]

お知らせ

オリジナル名刺入れ(カードケース)作成いたしました。 多治見

こんにちは。 この土日は良い気候でお出掛け日和、行楽日和ですね。 既に11月に入っているのを忘れてしまうほどで […]

ブログ一覧